ロートアイアンについて

ロートアイアンは、お洒落なデザインでエクステリアに人気です。ここでは、ロートアイアンについて説明しています。

ロートアイアンとは・・・

ロートアイアンロートアイアン(Wrought Iron)は、鍛造した鉄を指す用語ですが、現在では手すり、格子などのエクステリア製品に利用されている鉄製の建築材料を指すことが一般的になっています。

ロートアイアンの歴史

ロートアイアンは、中世ヨーロッパの金属加工として発展して来たものです。かつての金属加工は、全て手仕事で行われていて、加工しやすい、ロートアイアンは生活に溶け込んだ材料でした。

現在では金属部品は全て緻密に設計されたものを工場で大量に生産することが一般的ですが、ヨーロッパで受け継がれてきたロートアイアンの独特なデザインは大量生産の材料では味わえなロートアイアンい魅力があり、今日でも人気があります。

ロートアイアンの魅力

ロートアイアンは職人が一つ一つ昔ながらの手法で鍛錬するもので、本質の味を受け継いでいます。

デザインはヨーロッパの文化の歴史を経たからこその、様々なバリエーションと古さを感じさせない物ですが、熟練工のロートアイアンの歴史と品質の理解の上に成り立っている物でもあります。

鋳物とロートアイアンの違い

市販の製品にロートアイアンに似せた鋳物が建築材料としてあります。外観は似ていても作成過程において大きな違いがあります。
鋳物とは、型に溶かした金属を流し込んで作る物ですが、ロートアイアンは固まりの鉄を炉で熱して軟化させ、様々な工具で延ばしたり曲げたりして形を整えていきます。
従って、鋳物は同じ物が多く作れますがロートアイアンでは厳密に言うと同じ物はありません。
これが、世界に一つだけの味を出してくれるのです。


ロートアイアン

TheStyleのロートアイアン

TheStyleでは、これまでの作例やライブラリからお客様にデザインを選択していただき、それを職人が作成します。

ロートアイアンの技術自体は古い物ですが、現在になって、ロートアイアンは注目を浴び、人気となっています。
これは、情報化社会で全てが素早く進む世の中で、ロートアイアンは単なる懐古趣味ではなく、手仕事の残る人の温もりを持っていることによるようです。

TheStyleでは、そのようなロートアイアンの持つ独特の長所を活かした材料を、今後も職人と共に提供していきたいと考えます。